fc2ブログ
命のバトン浜松のブログ
静岡県浜松市内でこどものBLS(心肺蘇生法)やけが・病気の応急手当・こどもの事故予防の講習会を開催する市民団体です。ブログでは日々の活動や想いをつづっています。
普通救命講習Ⅰを開催しました。
コロナの感染拡大が続き、浜松市消防局で公募開催していた普通・上級救命講習を受講できない、消防署へ救命講習を依頼しても講習が開催できない状況が続いてる中、会として、応急手当普及員として何ができるかを考え、普及員単独での普通救命講習Ⅰを初めて開催しました。

今までオリジナル企画の講座がほとんどで受講証明や修了証を出したことはありませんでした。(希望があれば発行してます)
今回は、普通救命講習Ⅰの修了証が発行されること。
事前に講習開催に必要な提出書類の確認と提出、修了証発行と浜松市南消防署の皆様には開催前からのご相談も含めて親切丁寧にご対応いただき、今後の励みになるお言葉も賜り、ありがとうございました。

普通救命講習Ⅰは、主に成人の心肺蘇生法、AEDの取り扱い、大出血時の止血、窒息時の対応とカリキュラムと時間が決まっていますが、本講習を担当した普及員2名が企画運営に関わってきたオリジナル講習や経験で培ってきたものを随所に取り入れ、受講者の背景に沿った講習になるように、こちらが一方的に話すだけでなく、受講者さんの理解を確認しつつ、質問のタイミングや実技の習熟度も見ながら講習を進めました。
実技に使うマネキンは、1人1体で、マネキンの評価機能を活用し、胸骨圧迫の深さやスピード、人工呼吸の量を目で見て確認し、窒息の対応は、看護師の普及員から高齢者の特性も含めて説明し、子どもから高齢者の窒息対応というところで幅広くお伝えさせていただきました。

今回の普通救命講習Ⅰ。
浜松市消防局で令和4年度第1号の普通救命講習Ⅰの受講者ということで、修了証を浜松市南消防署で受講者さんが受け取る際、署員の方から拍手をいただいたそうです。

初めての普通救命講習Ⅰでしたが、今回の反省点を次の普通救命講習で反映させて、より質の高い講習になるようにしたいと考えています。
今後、命のバトン浜松として普通救命講習を定期的に開催していく予定です。

修了証

※修了証の氏名欄は個人情報保護のため保護処理しています。
(修了証の画像は受講者様からご提供いただき、掲載について許可を得ています。)

受講(参加)する方の立場に沿った講習内容
「救命講習はどこで受けても同じ」ではなく、受講する方の背景や立場に見合った内容を提供することが指導者(伝える)側の責任と考えています。

多くの人に知ってもらう、マネキンに触れてもらう体験型イベントは別として、受講者を募って開催する講座、職場や団体等から、心肺蘇生法とAEDを教えてほしいと相談や依頼を受けた時に対象に応じたコンサルができるかが大きいと考えています。
そこができない・できていないと、人工呼吸はやらなくてもいいと教わった等、立場や職責上、できないとダメ・やらなくてはいけない人たちに間違った情報を伝えることになります。
依頼者側の希望する内容を最大限取り入れることも必要ですが、先方の希望を重視するあまり質が下がったり、やったという実績だけとなり、お互いによい結果に繋がることはないと考えています。

私たちの講座でも「人工呼吸はやらなくてもいい」と教わったという方が結構な数でいます。

それを指導(伝えた)した方から、やらなくてもいいという意味や理由の説明がなかった、聞いてもはぐらかせされたということを聞きます。
心肺蘇生法に限らず、応急手当講座で「なぜ?」というところがしっかり伝えられてないところが多いと感じます。

無料講習のほとんどは、通りすがりや家族等に応急手当が必要になった時、救急車が来るまでに頑張ってもらわないといけない内容に特化されていることです。
心肺蘇生法、大出血時の止血、窒息時の対処法。これらは、救急車が到着するまでに何もしなければ死に至る可能性が高いこと。

立場や職責上、対応義務のある方向け講習を、無料でやってくれるところにお願いして受講した実績としている現状。
「救命講習でお金とるの?○○なら無料でやってくれるのに」と講習が無料であることが前提の依頼側の勘違い。
「何もないだろう、そういったことは起きないだろう。」という勝手な憶測と油断、講習の内容や質はさておき講習を受けましたという実績が必要、「毎年講習受けてるから大丈夫です。」と言い事が起きた時に慌てふためき対応がてきなかった。
立場や職責に見合った内容の講習を受ける、受けていたことで、緊急時の対応できたという話しを聞くと、講習の内容は大事だと思います。

現実にないことですが、消防の救急隊が私たちは普通救命講習を受講済みです、3年に1回更新講習受けてますと言ったら、えっ!?てなりませんか?
医療従事者が、私はBLSをする可能性が低い部署だから、市民向けの内容で十分だし、お金をかけたくないから無料講習でいいよね?と言ったら、そのような施設や病院に通院や入院したり、家族を診てもらうおうと思いますか?

それぞれの立場や職責に見合った内容の講習や訓練を受けることの大切さ、今一度、考えてみませんか?




2022年5月29日(日)普通救命講習Ⅰ.受講者募集のお知らせ
命のバトン浜松主催「普通救命講習Ⅰ」を浜松市内で開催します。


普通救命講習Ⅰでは、主に成人を対象とした心肺蘇生法(人工呼吸、胸骨圧迫)
AEDの取り扱い、大出血時の止血法を学びます。


※講習終了後に普通救命講習修了証を発行します。

講習は、浜松市消防局の認定を受けている弊会所属の応急手当普及員が担当します。

日 時
2022年5月29日(日曜日)13:00~16:00(12:45受付開始)

会 場
浜松市南部協働センター。〒432-8033浜松市中区海老塚二丁目25番17号
無料駐車場あります(台数に限りがあります) 

主  催

命のバトン浜松
http://heartlife-hamamatsu.com/index.php

受講料

無料 

定  員
4名(先着順)定員になり次第締め切ります。
(申し込み最少催行人数に達しない場合、講習は開催しません)  

申し込み受付期間
2022年4月12日~2020年5月18日まで。
※申し込み受付締め切りました。

お申し込み方法
受講を希望される方は、下記の申し込みフォームに必要事項を入力し送信してください。
https://my.formman.com/form/pc/BTsoTKVdFFJP5mvJ/


講習準備の都合上、事前申し込みがない方が当日来られても参加はできません。

講習対象者
浜松市内に在住、通勤又は通学している方

 受講のご案内(中止も含む)をメールにてさせていただきます。ご連絡は、最少催行人数に達した時点となりますので、受付締め切り後の場合もございますのでご理解いただきますようお願い致します。こちらからのメールが迷惑メールフォルダに振り分けられる可能性がありますので「@yahoo.co.jp」からのメールを受信できるように設定をお願い致します。
          
2022年4月17日(日曜日)保育園看護師.保育士.養護教諭.教職員対象「小児救命法講座」受講者募集中。
保育園看護師.保育士.養護教諭.教職員対象「小児救命法講座」を浜松市内で開催します。 

2回シリーズでの企画となります。
1回目は、「けが全般、鼻出血、けいれん発作時の対応」、「119番通報と通報後の職員の連携」
2回目は、「コロナ禍における小児の心肺蘇生法」です。2回目の講座は、開催は5月以降を予定しています。
※内容は変更される場合があります。

1回目の内容。
園.学校で子どもがけがをした時、応急手当で様子を見ることもありますが、受診・救急車を呼ぶ判断の目安が難しいという声も多く、弊会の活動にご協力いただいている小児科医からの助言を含めてお話しします。
119番通報と通報後の職員の連携は、園.学校内だけでなく外の活動での通報時の留意点、園内外に限らず職員の連携が大事になりますので、連携についてのシュミレーションを予定しています。

園や学校では、看護師や養護教諭が知っていればいい、できればいいということではありません。看護師や養護教諭が不在でも、園、学校全体で共通認識をもっていることが大事です。

日 時。
2022年4月17日(日曜日)13:00~15:30(12:45受付開始)

場 所。
浜松市浜北地域活動・研修センター.2F研修室 

  〒434-0015 浜松市浜北区於呂2829-1
  遠州鉄道「岩水寺駅」東出入口から徒歩1分。無料駐車場あります(台数に限りがあります)


主  催。
命のバトン浜松
http://heartlife-hamamatsu.com/index.php

参加費。

1人.2000円(当日、現金でお支払いください。) 

定  員。
4名(先着順)定員になり次第締め切ります。
(申し込み最少催行人数に達しない場合、講座は開催しません)  
※申し込み受付締め切りました。

申し込み受付期間。
2022年2月19日~2022年4月6日まで。

お申し込み方法。
受講を希望される方は、下記のURLをクリックして表示される申し込みフォームに必要事項を入力し送信してください。
https://my.formman.com/form/pc/BTsoTKVdFFJP5mvJ/


※2回シリーズ企画ですが、希望する回の受講のみも可能です。

 受講のご案内(中止も含む)をメールにてさせていただきます。ご連絡は、最少催行人数に達した時点となりますので、受付締め切り後の場合もございますのでご理解いただきますようお願い致します。こちらからのメールが迷惑メールフォルダに振り分けられる可能性がありますので「@yahoo.co.jp」からのメールを受信できるように設定をお願い致します。
お餅の危険性
2021年12月31日の記事転載になります。

独居高齢者に正月の餅を 日田の高校生が手作り配布
日田市内の高校生でつくる「日田地区青少年赤十字」のメンバー35人が、1人暮らしの高齢者たちに良いお正月を迎えてもらおうと手作りの餅を配る。
https://www.nishinippon.co.jp/item/n/847213/

年末年始、特に年始にお餅を喉に詰まらせての事故が増えます。
医師も食べさせてはダメ、危険!!とSNSを中心に注意喚起しています。


1人暮らしの高齢者の方へ良いお正月を迎えてもらおうという青少年赤十字の皆さんのお気持ちは分かりますが、お餅以外の方法はなかったのでしょうか?
高齢者施設でもお餅を出すことはないのに、1人暮らしの高齢者へお餅を配るのはリスクが高過ぎます。

お餅を食べた方みんなが詰まらせるということはないでしょうし、どんな食べ物でも年齢に関係なく詰まらせる可能性はあります。

特にお餅は、ご自分で購入したり、身内等が持ってきた物であれば、食べることを止めるのは難しいですが、配布先が1人暮らしの高齢者宅というのも、窒息した時のことを考えたら、配る先として検討すべきことではなかったのかと思います。

青少年赤十字の活動は、学校や園単位で活動内容に関して赤十字社が直接関与はしないとのこと。
企画した子どもたちの気持ちを大切にすることも大事ですが、よいと思ってしたことも事故等があれば、あの時に誰かが止めていればと悔やむことになりますし、これだけ危険だよと言われている物であれば、教師がお餅の危険性を伝えて、お餅以外の物で新年を迎えてもらえるようにといった助言(例えば玄関への飾り物やお餅以外の食べ物等)をして、子どもたちに理解してもらうことが必要だったのではと思います。