FC2ブログ
命のバトン浜松のブログ
静岡県浜松市内でこどものBLS(心肺蘇生法)やけが・病気の応急手当・こどもの事故予防の講習会を開催する市民団体です。ブログでは日々の活動や想いをつづっています。
いろいろと思ったことをまとめて
 10月中旬から会としていろいろ動きました。いろいろなこともありました。そんな中で思ったことを順不同ですが記していきます。

 ブログにもアップしてますが、会のチラシ、活動に関連するチラシやポスターをいろいろなお店や施設に掲示をお願いに行きました。お願いをした後日、とあるお店に買い物がてら貼ってあるかな~と見に行きました。このお店は、快く掲示を受け入れてくれた所ですが、どこにも貼られていませんでした・・・。ここで感じたこと、お店は、そのチラシやポスターを貼ることがそのお店にとってメリットあるか・ないか?ということです。自分の身近に置き換えてみれば、何か頼まれた時に自分がすることでどうなるか?って誰でも考えると思います。お店だったら、お店の評判を上げる・「おっ、ここは〇〇のイベントに協力してるんだ」と来店者の評価が変わる、いろいろだと思います。そういったお店や施設もあればメリットあるなしに関係なく協力してくれる所もありました。
メリットある・ないで動くところとメリットあるなしに関係なく協力してくれる所の大きな違いは、店員や職員の対応が違います。
 メリットあるなしに関係なく協力してくれる所は、気持ちよく対応していただけましたし、自分で対応できない場合、すぐ責任者に連絡を取り、その場で快い返事をいただくことができました。そういう所は、社員・職員教育がしっかりしてると感じます。チラシやポスター掲示も、人が多く集まる所やお店のチェーン網が発達してる所に目が行きがちですが、そうではないと感じました。

 これは私事ですが、仕事で休憩中、雑談をした内容を少し別の人に話しました。そういうことは、お互いによくあることだと思いますが、雑談の中の話しでも思わぬ形で相手に伝わることがあります。雑談とはいえ、気を付けないといけないと猛烈に反省しました・・・。

 

スポンサーサイト



コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック