fc2ブログ
命のバトン浜松のブログ
静岡県浜松市内でこどものBLS(心肺蘇生法)やけが・病気の応急手当・こどもの事故予防の講習会を開催する市民団体です。ブログでは日々の活動や想いをつづっています。
熱中症の予防に経口補水液は飲んでも大丈夫?
熱中症の話題が増えてくる季節になりました。
熱中症と聞くと、梅雨が明けてから気を付けましょうと言われることが多かったですが、今は4月下旬頃から熱中症に気を付けましょうと言われることが多いです。
4月下旬ですと、身体が暑さ慣れていないこともあり、気温が高い日に屋外での活動等で熱中症になるケースが増えています。

熱中症の予防は、生活習慣や暑熱順化等、いろいろありますが、今回は熱中症の予防に経口補水液を飲む、備えておくことについてお話しさせていただきます。

熱中症の予防で経口補水液や経口補水液ゼリーを飲ませるという話しをSNSで時々見聞きします。
経口補水液(ゼリー含む)は、熱中症の症状が出た時だけでなく、嘔吐・下痢症状がある時の水分補給としても有効ですが、誰でも制限なしに飲んでいいということはありません。

IMG_1300.jpg

画像の商品は、大塚製薬のOS-1になりますが使用上の注意をご覧ください。
医師から脱水時の食事療法として指示された場合に限りお飲みください。医師、薬剤師、看護師、管理栄養士の指導に従ってお飲み下さいと明示されています。


経口補水液やゼリーは熱中症に限らず傷病者の状態に応じて使う物であり、健康な方が予防で使う物ではありません。この辺を誤解されている方が多いように感じます。

経口補水液は、塩分量が多めなので、かかりつけ医等から血圧が高いので気を付けてください、血圧計の薬を飲んでいる、それ以外でもかかりつけ医等から塩分、糖分摂取について指導されている方は、自分の判断で飲むものではありません。
なので、熱中症の予防のために経口補水液を飲む必要性は低いことがお分かりいただけるかと思います。

経口補水液は、体内で脱水が起きている時に飲むと美味しく感じますが、体調がいい時に飲むと美味しくありません。


突然の体調不良で病院を受診しました、医師から経口補水液を飲むように指示された。時間帯や体調により近くのドラックストアに買いに行けないということは起こりえます。
塩分、糖分摂取の制限が特にない、普段薬も飲んでいない方は、医師の指示があれば飲んでも大丈夫ですが、自分で買いに行くことが難しかったり、お子さんがいるご家庭ですと、お子さんを置いて買いに行くことが難しい、そういった時のための備えとして経口補水液を数本備えておくことは、大事だと思います。
家庭で作る経口補水液の作り方も弊会の講座で紹介していますが、あくまで緊急時に作るものですとお伝えしています。
そういった点から経口補水液を常備しておくことはいざという時の備えになると思います。

熱中症の症状がある時に経口補水液を飲ますことは、間違いではありませんが、傷病者の既往歴やどんな薬を服用しているかがはっきり確認できないのであれば、安易に経口補水液を飲ませることはしない方がいいと思います。

いざという時の自分や家族の備えとして医師等に確認したうえで備えておくことはいいことですが、それを自分や家族以外の他人に飲ませたり、そのために備えておく必要性は低いと考えています。

熱中症の予防は、日頃の生活習慣が大事です。
規則正しい生活と食事、屋外での炎天下の活動や作業の時は、暑さ対策、こまめな水分補給、涼しい場所での休憩、炎天下でなくても湿度が高い時は、屋内でも熱中症が起きやすいので、太陽出てないから大丈夫ではなく、エアコンの適切な使用、喉が渇いてなくてもチビチビでもいいので水分補給することで予防に繋がります。







スポンサーサイト



コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック