FC2ブログ
命のバトン浜松のブログ
静岡県浜松市内でこどものBLS(心肺蘇生法)やけが・病気の応急手当・こどもの事故予防の講習会を開催する市民団体です。ブログでは日々の活動や想いをつづっています。
予防から考える子どもの事故予防
子どもから目を離さないで・・・「無理」0.5秒で事故防げる?
https://withnews.jp/article/f0180616003qq000000000000000W04z10701qq000017435A

 子どもの事故が起きると「子どもから目を離さないで!」「親が悪い」という批判をしても亡くなった子どもが帰ってくるわけではありませんし、親を追い詰めることにもなりかねません。
 事故の状況もありますが、チャイルドシート未装着、真夏の炎天下の駐車場にエアコンをつけているとはいえ子どもが寝てるからその間に買い物と、親の責任が問われる事故もありますし、避けきれない不可抗力の事故もあれば、ちょっと気をつけていれば防げる事故もあります。
 実際、子どもから目を離さないで24時間365日、子どもを見ていられる親は、絶対にいないでしょう。いろいろな事故事例を見たり、経験談を聞くと「ちょっと目を離した時」や「少しだから大丈夫だろう」といった時に事故が起きていることが多いと感じます。目を離さず見ていても目の前で事故が起きることもありますが、ケースに応じた事故予防策を少しでも知っておくことで事故のリスクは確実に減らせると思います。

 全ての事故の予防策を知っておくことは、無理ですが、テレビや新聞等で取り上げられる子どもの事故を通じて予防策を少しでも知って、できる予防策を講じることも事故予防に繋がります。

 事故予防に気を取られ過ぎて、親が疲れてしまったり、「お子さんにあれもだめ、これもだめ」はよくないですが、例えば「歯ブラシを口の中に入れて走り回ったらたらどうなるかな?」その行為がなせ゜危険なのか?それを防ぐにはどうしたらいいか?をぜひお子さんと一緒に考えてお伝えいただければと思います。

 事故予防の話しをパパママが多く集まる場で話しすることは、うちに限ってそんなことはない・そんな暗い話し聞きたくないという方もいると思いますが、知らないより知ってることで防げる事故・助かる命があることを私たちは、知ってほしいと思っています。
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック