FC2ブログ
命のバトン浜松のブログ
静岡県浜松市内でこどものBLS(心肺蘇生法)やけが・病気の応急手当・こどもの事故予防の講習会を開催する市民団体です。ブログでは日々の活動や想いをつづっています。
子どもの事故予防は、子どもの目線になって見てるといいですよ。
 子どもが一瞬であなたの前から消えるワケ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180325-00010000-yomonline-life&p=1

「子どもの事故予防」、事故はあってはいけないことですし、起きてほしくありません。しかし、親が365日24時間ずっと見ていられるかといったら、それは無理なこと。事故予防の話しは、あまりしない方がいいという考え・ちゃんと話さないといけないという考えがありますが、逆に全く話さなくていいという考えは、ほとんど聞きません。

 事故予防と聞くと、とてつもない想像ができないような事に備えるといったイメージを持つ方が多いと感じます。事故も大きな事故になる前に防げてよかったというケースもあれば、最悪のケースになってしまったということも・・・。私たちの講習会でも、危なかったという話しは、よく聞きます。
 皆さん、交通事故を防止するにはどうしたらいいですか?と聞くとみんなが交通ルールを守るに尽きるという方がほとんどです。
交通ルールを守っていても避けられない事故は少なからずありますので、完全に事故を防ぐことはできませんが、交通ルールを守っていれば、防げる事故はかなり数にのぼるでしょう。

 子どもの事故は、ちょっと目を離した間に起きることが多いです。ちょっとも人それぞれですが、子どもの事故予防は、大人の目線からではなく、子どもの目線になってちょっと考えていただければと思います。ここに台があったらもしかしてこの台に乗って窓の鍵を開けて下をのぞいてしまうかな?机に電気ポット置いてるけど、子どもがハイハイしてコードをひっかけて倒してしまわないかな?等。家の中だけでもいろいろなことが見えて考えられると思います。そうした全てのことに対処することは難しいですが、事故予防の一つに子どもの目線になって見てみることで大人の目線から見えなかったものや気づかなかったことが分かりますし、危険を排除することができます、私たちの講習会で講師を務めてくださる医師からも出るアドバイスですので、心の片隅に置いていただければと思います。

 子どもの年齢が上がるにつれて、家の中だけでなく外での事故も増えてきます。自転車に乗る時は、ヘルメットをかぶる、車で出かける時は、チャイルドシートに座らせる等、お子さんにも「これは自分の命を守る大切なものだよ」ということもぜひ、お伝えいただければと思います。

 うちの子に限って事故はない・日頃からちゃんと見てるから大丈夫。交通事故も似てませんか?自分は安全運転で交通ルールは、ちゃんと守ってるから大丈夫。自分は守っていても相手が守っていなければ事故が起きる可能性は上がります。自分のちょっとした焦り等で黄色信号で突っ込んでしまう、いつも止まるところが疎かになってしまう。自分の身近に置き換えてみると、いろいろ見えてくると思います。

 子どもの事故予防については、保健師さんと接点のある乳児健診が終わると、聞いたり知る機会がないという話しも聞きます。
事故予防の話しをどの位の時間・内容で話しているかは、お住まいの地域で異なると思いますが、事故予防の話しをすると反応が悪い・人が来てくれない等も触れない理由の一つにあるようですが、年齢が上がっても、乳児健診の場だけでなく、地域や子育て支援の場で子どもの年齢に沿った事故予防の話しが聞ける場は、必要と感じます。
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック