FC2ブログ
命のバトン浜松のブログ
静岡県浜松市内でこどものBLS(心肺蘇生法)やけが・病気の応急手当・こどもの事故予防の講習会を開催する市民団体です。ブログでは日々の活動や想いをつづっています。
自転車も車と同じ
 ネットニュースからの転載になります。

2008年9月、小学5年だった少年(15)の自転車に衝突されて転倒し、意識が戻らない状態が続いている神戸市内の女性(67)の夫が、少年の母親を相手取り、約4590万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が4日、神戸地裁であった。田中智子裁判官は「少年に自転車の運転に関する十分な指導や注意をしていなかった」として母親の監督義務違反を認め、約3520万円の支払いを命じた。

 夫は女性の成年後見人として提訴した。判決によると、女性は08年9月22日夕、同市北区の坂道を歩行中、下ってきた少年の自転車と衝突して転倒。病院に搬送されたが、意識は戻っていない。

 判決は、自転車が時速20~30キロ程度で速かったとして、「前方を注視して交通安全を図るべき基本的な注意義務を尽くさなかった」と指摘。母親側は「注意はしていた」と主張したが、判決は「指導や注意が奏功していなかった」と退けた。

 
 親が子供に注意していたといっても、被害者にも加害者にもなる可能性があることを子供にしっかり伝えるべだと思います。
 車を運転していて危ない運転をする自転車を大人・子供に関係なくよく見かけます。信号無視や急な飛び出し。車と自転車の事故だと車の方が悪くなる傾向がありますが、自転車も車と同じという意識づけが必要だと思います。
スポンサーサイト



コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック