FC2ブログ
命のバトン浜松のブログ
静岡県浜松市内でこどものBLS(心肺蘇生法)やけが・病気の応急手当・こどもの事故予防の講習会を開催する市民団体です。ブログでは日々の活動や想いをつづっています。
脳卒中
脳卒中には、2種類あります。

脳の血管が破裂してしまう出血性脳卒中(くも膜下出血など)と血管が詰まってしまう虚血性脳卒中(脳梗塞)
圧倒的に多いのは、虚血性脳卒中(脳梗塞)で全体の83%とも言われています。

また、日本人の死因の第三位が脳卒中で、寝たきりになる原因の第一位と言われています。

最近は、働き盛りの若い方も突然発症することが多く、高齢の方だけに突然発症する病気とは限りません。
脳卒中の時に現れるいくつかの症状を知っていて、素早い119番通報をすれば寝たきりにならないで済む可能性が非常に高い病気でもあります。

脳卒中の症状は「顔がゆがむ」「手が上がらない」「言葉がもつれる」
上記の症状が2つあれば70%、3つなら80%で脳卒中が疑われます。

大したことないからと、近くのかかりつけの開業医で診てもらおうとなどと言わず思わず、本人が「大丈夫」といっても、ためらわずに119番通報すること。自家用車で病院に行っては絶対にダメです。
必ず119番通報してください。通報した際、脳卒中の症状が出てることを必ず伝えること。救急隊が検査と治療のできる適切な病院に搬送してくれます。

脳卒中は、発症から3時間以内だったら、血栓を溶かす特殊な治療が行えます。
血栓を溶かす治療とCT検査が行える適切な病院に行けば、後遺症が残らず助かる可能性があるのです。くどいようですが、上記3つの症状の1つでもあったら素早く119番通報。

自家用車で近くの病院に行った場合、血栓を溶かす治療が必ずできるか分かりませんし、場合によってはその病院から別の病院に転院したりと貴重な時間を無駄にしてしまうことになります。

スポンサーサイト



コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック