FC2ブログ
命のバトン浜松のブログ
静岡県浜松市内でこどものBLS(心肺蘇生法)やけが・病気の応急手当・こどもの事故予防の講習会を開催する市民団体です。ブログでは日々の活動や想いをつづっています。
PA連携とは?
火災ではないのに救急車と消防車が現場に来ること。
消防車も来ると火災か?と思ったことがある方が多いと思います。

浜松市では、通報内容に応じて救急車と消防車が同時出動するPA連携を取り入れています。
PAとは、Pがポンプ車、Aが救急車(アンビュランス)それぞれの頭文字を取ってPAといいます。
具体的にどういった時に救急車と消防車が同時に出動するかを説明します。

通常の救急要請であれば、救急車一台で出動します。これは、普段からよく見ますね。
救急車は、3名の隊員が乗っていますが、現場の状況や傷病者の重症度によって救急隊の3名で
対応できない場合が多々あります。それで取り入れられたのがPA連携です。
ポンプ車には、通常4名の隊員が乗ってます。現場にその4名が加われば、救急隊員は、傷病者の
処置に専念でき、患者搬送や資機材搬送、現場の安全確保は、ポンプ車の隊員に任せることができます。
交通事故の場合、事故車両からのオイルやガソリン漏れの処置も担当します。

中には、救急車しか呼んでないのに何で消防車も来るんだ!?と言う方もいらっしゃいますが、上記の
ような理由があって消防車も出動しています。


スポンサーサイト



コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック