FC2ブログ
命のバトン浜松のブログ
静岡県浜松市内でこどものBLS(心肺蘇生法)やけが・病気の応急手当・こどもの事故予防の講習会を開催する市民団体です。ブログでは日々の活動や想いをつづっています。
バイスタンダーの心のケア
事故だけでなく人が倒れてる現場で救急隊到着前に応急手当をしている方を見たことありますか?
その方は、お医者さんであったり、看護師さんであったり、応急手当を学んだことがある一般の方だったり、何も分からないけど、何かしなくちゃと思い現場にいる方といろいろです。むしろ、お医者さんや看護師さんといった医療従事者が偶然現場に居合わせて応急手当というケースは、少ないでしょう。

心肺蘇生法、AEDと講習を受講してなくても、職場や学校、地域で救命講習を見たり聞いたりした方は、多いと思います。運転免許を持ってる方は、自動車学校で心肺蘇生法を学びますね。

バイスタンダーの心のケア、少しづつですが、注目されてきてます。
救命講習を受けた方が、自分の目の前で起きた事故や急病人に対して施した応急手当が本当に正しかったのか?事故現場や人が倒れてる現場は、一般の方が目にすることほとんどない壮絶な現場がほとんどです。やじ馬も多くいるでしょう。その中から浴びせられるバイスタンダーへの心無い言葉や写メや動画を撮る人。これらがトラウマになって苦しむバイスタンダーもいます。

以前、私の講習を受講に来る途中、駅で心肺停止状態の方にCPRをして救急隊に引き継いだと話してくれました。その方、その時の状況を話すにつれて体が震えて泣き出してしまいました。私のやったCPRは大丈夫だったのか?と。119番通報して到着した救急隊に引き継いだ後のことは、知ることできません。
私の経験の中で、心肺停止の方にCPRをして救急隊に引き継いだ数時間後に救急隊からその後の経過と救急隊が到着するまでCPRを継続してくれていたこと、それが有効なCPRだったことへの感謝の電話がありました。これだけでも、自分のやったことは正しかったと思えます。

バイスタンダへの心のケア、消防だけでなく病院や行政も協力して、救命講習を受講する人を増やすだけでなく、受講した方が応急手当をした後の心のケアができるよう少しづつでも広まっていけばと思います。

スポンサーサイト



コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック