fc2ブログ
命のバトン浜松のブログ
静岡県浜松市内でこどものBLS(心肺蘇生法)やけが・病気の応急手当・こどもの事故予防の講習会を開催する市民団体です。ブログでは日々の活動や想いをつづっています。
職場や組織での救命講習で大事なこと
最近、SNSで保育園・介護施設で救命講習を受講した方、指導した方と両方の投稿を目にすることが多くなりました。
コロナが2類から5類になったことで、コロナでできてなかった講習が復活し、開催が増えてきたこともありますが、受講する方の職責や立場に応じた講習内容でないケースも見受けられます。

職場や組織での講習でよく聞く・あるのが消防なら無料で講習してくれるからと依頼するケースです。
心肺蘇生法の基本の手技や一連の流れの確認指導はしてくれますが、所属する人の職責や立場に応じて具体的に掘り下げた内容、講習先で定められたマニュアルに沿って指導することはまずないと思います。
実状にあった動きを含めた講習なら、自施設で指導できる職員がやることが望ましいですが、誰がそれを指導するかや講習に使う資器材をどうするか等、難しいこともあります。
物があっても、一部の人しか知らない、使えないのであれば、どうやって教育していくか?、物がなければまず何を優先するか?等を考えなければいけません。

自施設(組織)で職責や立場に応じた講習を提案企画したり、必要な資器材を揃えることは、周りの理解を得ることが大事です。


弊会で開催しているAHA公式コース。
職場や組織でBLSの指導にあたる立場の方の受講が増えています。
その中で多いのがポケットマスクやバックバルブマスクを備えたいがその指導をどうすればいいかという内容です。
コロナ禍でフェイスシールドを使った口対口(口対鼻)人工呼吸が難しくなったこともありますが、ポケットマスク、バックバルブマスクの必要性は理解していても、備えるとなると施設や組織の規模によっては購入する際、管理する側の理解がなかなか得られない等、難しい面もでてきますし、フェイスシールドを備えているので、いざという時はそれを使いますという所もあります。
よい物だから買ってください、備えてくださいではなく、弊会では講習で使ってもらいその物のメリット・デメリットを理解し、使用法の指導等の体制を整えたうえで備えるものだとお伝えしています。

講習に際して、指導者(伝える側)は、伝える内容に責任を持つことが大事です。

医療従事者、応急手当指導員、普及員等、指導する立場にある方全てに共通しますが、伝える内容に間違いがあってはいけませんが、指導者が発する言葉が足りなければ誤解や勘違いを招くこともあります。
自分の発する言葉が相手に押しつけになっていないか?、正論であっても言い方によっては指導者だけでなく所属する組織に対する不信感に繋がることも考えられます。
日頃の立ち居振舞いも大事で、日々の言動や行動が指導者への信用として積み重なっていくと思います。

職場や組織内での救命講習は、熱意と想いだけでは続けていけないと考えています。
特に周りとの協調(根回しも含めてがは大事です。自分はできる・知っているから、当たり前のように周りもやってほしいと思う気持ちが強ければ強い程、周りの理解を得ることは難しいです。
受講する方の職責や立場に応じた内容、いろいろなことに配慮ができて続けられることだと考えています。

スポンサーサイト