FC2ブログ
命のバトン浜松のブログ
静岡県浜松市内でこどものBLS(心肺蘇生法)やけが・病気の応急手当・こどもの事故予防の講習会を開催する市民団体です。ブログでは日々の活動や想いをつづっています。
命のバトン浜松.活動5周年
 命のバトン浜松は、会を設立して今年の3月、5周年を迎えることができました。
5周年の節目を無事に迎えられたこと、今日まで活動を応援くださった全ての皆さまにこの場をお借りして感謝申し上げます。
illust2106_thumb.gif

 5年を振り返ると、いろいろなことが走馬灯のように・・・嬉しかったこと・つらかったこと・泣いたこと・悩んだこと・・・。
「とても大事なことだね、私も講習会受けたいわ、周りに話しするね」そう言ってくださる方はたくさんいました。しかし、そこから広まったり、受講に繋がることは、ほとんどありませんでした。
 子育て支援団体やサークルによって少なからず事故予防や応急手当への考えや意識が異なることは、何となく分かっていましたが、実際にお話しさせてもらうと「受講料がかかるなら難しいね」「消防の無料講習受けます」とお断りされることもありました。
そういった厳しい現状の中でも、私たちの活動に目を留めてくださり、子育て支援広場やサークルの場にお呼びいただいて講座を開催させていただくことができたこと、医療の道を志す学生さんにチラシを配ってくださった先生、ラジオを通じて私たちの活動や講座をPRできる機会を作ってくださった地元FM局の皆さまと、ここには書ききれないいろいろな方とバトンが繋がりました。
 私たちの活動がきっかけになったか分かりませんが、一部の子育て支援広場で応急手当講座を消防に依頼して開催しているところもあると知り、必要と感じる方が増えていることを嬉しく思いました。

 ある講座に講師で呼ばれた時、私たちが講座開催に不慣れだったことも悪いですが、話した内容がうまく伝わらず、大勢の受講者がいる中で罵倒されたこともあり、自分たちの力不足や情けなさを痛感し、依頼を受けたから・知ってほしいからと依頼者側の言うがままにならないことや引き受けないことも大切ということも活動を通じて知りました。

 「もうここが活動の限界かな」という時が数え切れないくらいあり、活動は常に山あり谷ありで、どん底にいる時、不思議と団体さんからの講習の申し込みや問い合わせがあり、スムーズな受講に繋がることやメディアの取材をいただき取り上げていただくご縁をいただきました。
 これは私たちが勝手に思ってることですが「バトン浜松の活動、分かってくれてる人は、ちゃんと分かってくれてるよ、だから潮時なんて言わないでほしいし、講習会の回数少なくても地道にゆっくりでいいから続けていこうよ」と後ろから背中を押して励ましてくれてる人がいるような気がします、最近、それを強く感じるようになりました。

 5年活動してきてそれなりにPRはしてきたつもりですが、浜松市内でも命のバトン浜松を知らないという方は、とても多いです。
子どもの事故予防・心肺蘇生法、お子さんに事故なく蘇生法をする場面に遭遇しないことが一番ですが、県内でも子どもの事故で小さな命を失ったり、一命は取り留めても重い障害を負ってしまった子がいることも現実です。
 活動を始めてしばらくは、事故予防や蘇生法の知識や手技を「これは大事だからちゃんと知ってて、パパママ気をつけて!!そんなこと当たり前でしょ」的に押し付けた講習をしてたこと、それでは受け入れられないし、受け入れてもらえない、押し付けることは親にとって酷なことになる、活動を続けいてく中で気付いてきました。
 「ちょっとでも知ってた方がいいから講習受けておこうかな」と受講された方が「この前、こんな講習受けたんだ」と他の方にお話ししてくださることで、命のバトンが次に繋がっていくこと、救える・繋がる命が一つでも増えること、そのお手伝いできればと考えています。

 救命講習は、消防・日赤・私たちのような市民団体等、いろいろな形で受講できる選択肢がありますが、子どもに特化した講習を開催しているところは、少ないですし、時間や日数の関係で受講したいけどできないという声も多く聞かれます。
 私たちは、子どもの事故予防から応急手当、子どもの感染症や予防接種・抗菌薬の正しい知識と子どもに特化した市民講習会を2時間位のプログラムで受講していただけるように活動に協力してくださる県内外の小児科医と連携して企画開催しています。
私たちが講師を務める講習会もあれば、小児科医を講師にお迎えして専門的なお話しをしていただくこともあり、小児科医と市民団体が一緒に開催する講習会は、他にはない独自性のあるものと考えています。

 私たちの講習会は、代表(女性)が中心となり指導していますが、ママ目線でのアドバイスや男性スタッフでは気付きにくいさりげないフォロー、スタッフ全員で参加者がいろいろ聞きやすく、子どもと一緒に参加して学べる雰囲気作りを心がけています。
 特に心肺蘇生法と窒息時の対処法は、救急車が到着するまでの時間がカギを握っていますので、マネキンに少しでも多く触れてもらうこと、窒息時の対処法は、マネキンの口に異物を入れて実際に出すこと、お子さんを抱いて体位を変えることの難しさを実感してもらい、イメージがわきやすい内容を取り入れています。

 開催数や受講者数は、多くないですが、マネキン1人1体のAHA(アメリカ心臓協会)公式コースも開催しています。過去の公募コースでは、一般市民・看護学生・医師・看護師・助産師・アメリカの先生・将来、医療職を目指す高校生と幅広い層の方が当会で受講してくださいました。
 先日は、市内の小児科クリニックさんでBLSプロバイダーコースを開催し、今後の院内研修を含めたご提案もさせていただきました。
 
 命のバトン浜松を多くの人に知ってもらうことより、子どもの事故予防・応急手当の大切さが1人でも多くの方に伝わっていくこと、救える・繋がる命が一つでも増えることが私たちの願いです。これからも草の根活動になりますが、一つでも多くの命のバトンを繋いでいけるようにゆっくりでも地道に続けていきたいと思います。
 
 どこかで命のバトン浜松、子どもの事故予防・応急手当という文字やキーワードを見かけましたら、このブログのことを思い出していただけると嬉しいです。

 ※中日新聞さんから活動5周年の取材をいただき、4月25日の中日新聞朝刊に掲載していただきました。 
img036.jpg
スポンサーサイト
車で子どもをひざに抱っこして乗る危険
 ニュースを見た時、チャイルドシートは装着されてたけど、子どもがぐずってお母さんのひざの上に座ってたのかな?と思った事故でしたが・・・。
 2人一緒にベルトで圧迫か

 子どもをひざに乗せててもシートベルトをいっしょにしてれば大丈夫と思ったのでしょうか?
チャイルドシートは、元々、装着されてなかったようですが、この事故もチャイルドシートに男の子をしっかり座らせていれば子どもが命を落とすことはなかった事故であることは確かです。
 エアバックもシートベルトもチャイルドシートに装着義務のある子どもに適応したものではありませんし、チャイルドシートも装着位置が定められた製品もあるので、パパママや祖父母の利便性だけで本来装着してはだめな位置に付けた場合、エアバックの作動で重大事故につながる恐れがあります。
エアバック1

 祖父母世代の皆さま、お孫さんと車でお出かけする時は、必ずチャイルドシートを車に装着してお孫さんをチャイルドシートにしっかり座らせてベルト締めしてから車でお出かけしてください。
 祖父母の乗る車にチャイルドシートはついてないよ、高価だし2つあっても困るよと思う方もいらっしゃると思いますが、それならパパママの車に付いてるものを外して付け替えること。面倒かもしれませんが、お孫さんの命を守る大事なものです。ぜひ、パパママからもこういったことを祖父母さんにお伝えください「子どもを車に乗せる時は、チャイルドシートにちゃんと座らせてね、私たちの車に付いてるのをつけておくから」と。

 今日も浜松市内の某スーパー駐車場内で軽自動車を運転するママ、後部座席には祖母とお孫さんが乗ってましたが、祖母がお孫さんを車内に立たせてあやしてました。その横にはチャイルドシート。
 子どもを抱っこして車に乗せてるのは、お父さん・お母さんだけではありません、祖父母の方も結構いらっしゃいます。
ちょっとそこまでだから・もう駐車場の中だからや自分たちは安全運転だから事故を起こさないと自信をもっていても相手車に突っ込まれることもあります。
 大人でもシーベルトをしてない状態で車が急ブレーキ踏めば簡単に吹っ飛びます。低速でも体重のある大人の体でもシートからずれて前のめりになります。その時、子どもを車内で立たせていたり、ひざに抱っこしてたらどうなりますか?絶対に子どもをかばいきることはできません。
300168761.gif

 パパママだけでなく、祖父母さんにもチャイルドシートが子どもの命を守る大事なものであることを改めて認識していただけたらと思います。
子どもの事故に気をつけて楽しい連休を。
 4月29日からゴールデンウィークの連休です。今日(5/3)から浜松まつりも始まり、ご家族揃っての帰省や行楽地へお出かけと楽しい連休をお過ごしになる方も多いと思います。

 ニュース等でご存じの方も多いと思いますが、静岡県内では、子どもの事故が発生しています。

3歳男児溺れ、心肺停止。島田の伊久美川

2歳男児、4階窓から転落。静岡・焼津

 水の事故は、水深数センチでも起きています。大人から見たら数センチで!?と思う方もいらっしゃいますが、屋外の水遊びや海・川・プールでは、どうしても親の目が行き届きにくい状況があります。水辺で子どもが遊ぶ際は、親だけでなく一緒に行った周りの方も目を配っていただきたいと思います。

 転落事故は、窓まで子どもの手が届かなくても近くに踏み台になるものがあれば、窓の高さに手が届いてしまうことが多いです。
窓の近くに踏み台になりそうな物は、置かないことも事故予防に繋がります。
 先月(4月)のブログで他県で発生した子どもの転落事故と予防についてアップしましたのでよろしければ下記からご覧ください。
子どもの転落事故

 車でお出かけの際は、距離の長短関係なくチャイルドシートの装着もお願いします。高速道路での追突事故が多発してけが人が多く発生しています。子どもはチャイルドシート、大人は後席もシートベルトを着装しましょう。
チャイルドシート

 ブログをご覧の皆さまにとって楽しいゴールデンウィークとなりますよう。