FC2ブログ
命のバトン浜松のブログ
静岡県浜松市内でこどものBLS(心肺蘇生法)やけが・病気の応急手当・こどもの事故予防の講習会を開催する市民団体です。ブログでは日々の活動や想いをつづっています。
平成28年度.浜松市舞阪協働センター.学習成果活用事業「子どもの事故予防と応急手当」第3回講座
 12月10日(土)浜松市舞阪協働センターで静岡県立こども病院、感染症科医長、荘司貴代医師を講師にお迎えして『子どもの感染症と予防接種.抗菌薬の正しい知識』の講座を開催しました。
 学習成果活用事業のテーマの「子どもの事故予防」と共通する「予防」で感染症の予防や予防接種も子どもの命を守る大事なことです。
 荘司先生にお越しいただいての講座は今回が3回目です。受講者は大人10名、未就学児4名の計14名の方が参加してくださいました。
 本講座前の兄弟前座の画像は、命のバトン浜松フェイスブックページにアップしてありますので、よろしければそちらをご覧ください。

 毎回、大好評!?をいただいている画伯筆です。
009_20161225185821f33.jpg

 画伯兄描の命のバトン浜松マスコットキャラクター「ハートちゃん」初公開。
 006_20161225185823e39.jpg

 はじめの言葉
016_20161225185825bda.jpg

 荘司先生のお話しは、感染症とはなにか?アレルギーとの違いは?予防接種=ワクチンとは?抗菌薬の正しい知識をスライドを使い、基礎知識から予防まで丁寧にとても分かりやすくお話ししてくださいました。
 みなさん!知っていましたか?人は(80歳まで生きると過程して)一生に”200回”風邪をひく事、しかも2歳までのこどもの時期に集中する事。予防は総力戦「手洗い・よく食べ・よく寝て・親の禁煙」これにかけるという事。
 危険な感染症はワクチンで予防する事。肺炎球菌ワクチンなどの導入で細菌性髄膜炎になる子どもが大幅に減っていること。
また抗菌薬を適切に使用することの重要性や風邪のほとんどは、ウィルスが原因で細菌を殺すための抗菌薬は効果がなく、抗菌薬を投与することは、肺炎や中耳炎の予防にもならないとお話しされてました。

024_20161225190731bae.jpg

 質疑応答では、予防接種をはじめ素朴な疑問も多く、受講者さんの講座内容への関心の高さを知ることができました。

019_20161225190405a7b.jpg

 今回の講座にNHKのテレビ取材が入りました。講座の様子は、12月10日の18:45~の県内ニュースと20:45~の東海北陸ニュースで放送されました(代表と副代表は、チラッと映ってました)

15356702_1735861726733768_9124063441981598923_n.jpg

030.jpg

 今回の講座内容に限らず、第1回.2回講座ともに子ども・自分・家族はじめ、まわりの人すべてに関わる、直結した内容だからこそ、もっとたくさんの方々に正しい知識と予防法を知って頂きたいと、その重要性を改めて痛感した次第です。
 また、荘司先生を講師にお迎えしての講座を企画できたらと思っています。ご多忙の中お越しいただきました荘司先生に感謝申し上げます。また受講者さんもお子さんもお疲れさまでした。

☆荘司貴代先生からのアドバイス☆
 
・小児科医師は、ワクチン歴で重症感染症の予測をするので、受診時は必ず母子手帳を持参しましょう。

・風邪で受診した時、抗菌薬を処方された際には医師に本当に抗菌薬の必要性があるか、確認してみましょう。

・妊娠を希望されるご夫婦は、妊娠前に風疹ワクチン接種をしましょう。

 10月から3回シリーズで開催しました学習成果活用事業は、今回の講座をもって無事に終了しました。
本事業の運営に際して常に温かい眼差しでアドバイスや講座の受付・問い合わせ等、ご尽力くださいました舞阪協働センター職員の皆さま、ご多忙の中にも講師を快くお引き受けくださった先生、講座の周知・広報にお力をお貸しくださった皆さま、講座を受講してくださった皆さまといろいろな方のバトンが繋がって達成できた事業です。ここに改めて感謝申し上げます。
 今回の事業を通して新たな命のバトンが一つでも多くの方に繋がり、次の方へと命のバトンを繋げていっていただけることが私たちにとってこのうえない喜びです。
スポンサーサイト
平成28年度.浜松市舞阪協働センター.学習成果活用事業「子どもの事故予防と応急手当」第2回講座
 講座の報告が遅くなりました。 

 11月13日(日)舞阪協働センターで、埼玉県立小児医療センター.集中治療科科長兼部長.植田育也先生を講師にお迎えし「子どもの事故予防の大切さ」と赤ちゃんの心肺蘇生法・窒息時の対処法の講座を開催しました。
参加者は、大人5名、小学生2名、未就学児3名の計10名の方が参加してくださいました。
011_20161208203452027.jpg

 最初は、植田先生の講座。年齢別の死亡率、P-ICUの生い立ちから現状、P-ICUと地域医療機関を広域搬送で結ぶ地域システムの構築や「救命の連鎖」から始まる予防が重要であること、チャイルドシート、自転車ヘルメット着用の大切さトと、市民向けに分かりやすく内容も幅広く、自らの臨床経験での体験と、事故予防といざという時の対応を学ぶ講習会の大切さをお話ししてくださいました。
014_2016120820350486b.jpg

 017_2016120820350117a.jpg

 休憩をはさんで、マネキン1人1体で乳児の心肺蘇生法と窒息解除法の実技を練習していただきました。
蘇生法の手順をスライドを使って説明、子どもは、呼吸が原因で心停止になることがほとんどなので人工呼吸の重要性、胸骨圧迫は、強く早くしっかり戻すことを強調しました。
 窒息解除法では、マネキンの口に異物を入れてマネキンの胸をしっかり押す・背中を強くしっかりたたくことを強調しました。
031_20161208203549835.jpg

029.jpg

今回は、子どもと一緒に参加されたお母さんが子どもと一緒に蘇生法を体験し、子どもたちはお母さんや周りがやってるのを見ながら練習しました。
026_2016120820350274e.jpg

033_20161208204203fe4.jpg

027_20161208204208b8c.jpg


 

 
車内に子どもだけ残さないで
 先日、フェイスブックにアップさせていただきましたが、車の窓に子どもが挟まれて心肺停止という事故がありました。
車の窓に挟まれたか 2歳児が心肺停止、新潟・上越市(TBS系(JNN)) - Yahoo!ニュース

 車の中が暑いから・寒いから・子どもが寝てるから、待ってるからとエンジンかけたままにして、子どもを車内に残し、親が車から離れること。子どもが寝てるうちに・静かにしてる間にちょっとという気持ちもよく分かります。そのちょっとが何ともないことがほとんどですが、時として取り返しのつかない事態になることもあるのです。
 「ちょっとだけだから・すぐ戻るし」は、あくまで自分の感覚であり、実際はかなりの時間が経ってることがほとんどです。

 浜松市内でも親や運転手らしき人は乗ってなくて、エンジンはかけっぱなしでテレビだけついていて子どもが車内で暴れん坊将軍状態・チャイルドシートに固定されてる、そういった車をよく見ます。

 エンジンを切ってあるから大丈夫と思う方もいると思いますが、車種によってはエンジンを切っても定時間内にスイッチを押せばパワーウィンドーが作動する車もあります。
 今回のように何かのはずみでパワーウィンドースイッチが押され作動し事故が起きた可能性が高いですが、エンジンかけっぱなしの車内に子どもだけ残しておいて車が盗難に遭う可能性も高いです。子どもが乗った車が盗難に遭い、その車が事故を起こしたらどうしますか?

 夏に子どもを車内に残して熱中症だけでなく、盗難や子どもが何かのスイッチに触れたことによる事故や車両盗難事件に繋がるということを親だけでなく周りも危機意識をもっていただきたいと思います。