FC2ブログ
命のバトン浜松のブログ
静岡県浜松市内でこどものBLS(心肺蘇生法)やけが・病気の応急手当・こどもの事故予防の講習会を開催する市民団体です。ブログでは日々の活動や想いをつづっています。
救急隊からのお礼カード
 私たちの代表が今月、市内で発生した交通事故現場でバイスタンダーとして119番.110番通報、負傷者の救護、現場の安全確保等したとのことで、現場に出動した救急隊から救急活動へご協力ありがとうございましたと画像のものをいただきました。

カードと一緒にカットバンとウェットティッシュがセットになっています。
浜松市消防局では、いつからこういったカードを渡すようになったのか分かりませんが、全国的に見てもこうした取り組みをしている消防は少ないと思います。応急手当等をしたことに関する不安や問い合わせができるように連絡先の電話番号も載っていてとてもいいですね。
 
 代表は、講習会で通報に関する部分では蘇生法以上に!?熱く話すのですが、今回、代表が遭遇した事故現場では、周りにいたやじ馬は誰1人通報したり、声をかけてくる人はいなかったそうてす。そういった現場では、1人では何もできないのでまずは通報すること、119番や110番の指令員に聞かれたことを見たまま答えることが大切だと思います。
 講習会では、代表の現場経験をもとにファーストエイドでの状況設定、手技だけでなく、傷病者への年齢に応じた声掛けの仕方、通報のポイント点等の解説や時に副代表が滑舌の悪い代表をさりげなくフォローしたり副代表経験談を話したりと、今までの講習会での積み重ねが大きいと感じます。この流れはBLS浜松にもそのまま受け継がれています。

 カードの表面です。
 007_20151028192609072.jpg

 カードの裏面です。
008_20151028192612a1d.jpg
11月15日(日)命のバトン浜松.第14回定期講習会のお知らせ
 第14回定期講習会は、静岡県立こども病院.総合診療科.感染症科医長.荘司貴代先生を講師にお迎えして「感染症の予防と正しい知識」をテーマに子どもの感染症予防についての講演、命のバトン浜松による赤ちゃんの心肺蘇生法と窒息時の対処法の講習会です。
 11月に入るとインフルエンザやノロウィルスのシーズンがやってきます、この頃からインフルエンザの予防接種を受ける方も増えてきます、荘司先生は、5月に開催した定期講習会で今回と同じ内容のお話しをしてくださいます、先生のお話しは、市民向けにわかりやすく、質問にも丁寧に答えていただけます。ぜひ多くの方に正しい感染症の予防と知識を多くの方に知っていただきたいと思います。
 赤ちゃんの心肺蘇生法と窒息時の対処法は、提携団体のBLS浜松さんの協力をいただき、赤ちゃんのマネキンを使って胸骨圧迫と人工呼吸、異物を喉に詰まらせた時の解除法を練習します。
 パパにとってもママにとっても、かけがえのないわが子の大切な命と健康を守るために正しい感染症予防と心肺蘇生法についての正しい知識と手技を私たちと一緒に学びませんか?
 託児はございませんが、お子さんを連れてご参加できます、ご家族とご一緒にどうぞお気軽にお越しください。

 以下、講習会のご案内になります。

 タイトル.感染症の予防と正しい知識.赤ちゃんの心肺蘇生法と窒息時の対処法
 
 主催.命のバトン浜松

 後援.浜松市.浜松市教育委員会

 日時.平成27年11月15日(日曜日)13:00~15:30(12:45受付開始)

 場所.舞阪協働センター2階.講座室1。〒431-0211 浜松市西区舞阪町舞阪2701-9
 JR東海道線弁天島駅下車、徒歩10分。
 無料駐車場ありますが、駐車台数に限りがあります。なるべく乗り合わせでお越しくださるようご協力をお願い致します。

 対象.どなたでも参加できます。

 申込.不要(当日、直接会場へお越しください)

 受講料.1人800円(乳幼児無料)
 当日、受付にてお支払ください、できるだけおつりのないようにご協力よろしくお願いします

 講習会時間中の途中入室・退室は自由ですので、ご都合のよい時間にお気軽にお越しください。

 ※発熱・咳・嘔吐・下痢等、自覚症状のある方は、感染防止の観点から参加をご遠慮いただきますようご協力の程、よろしくお願いします。

 講習会に関するお問い合わせは、下記のフォームよりお気軽にお問い合わせください。
http://my.formman.com/form/pc/X108qkwF4VN1sPZh/
9月19日.子育て講座の新聞記事
 ブログで9月19日にNPO法人ころころねっと浜松さんと一緒に開催しました子育て講座の様子を9月21日付の静岡新聞朝刊に掲載していただけました。

008_201510041709336d4.jpg