fc2ブログ
命のバトン浜松のブログ
静岡県浜松市内でこどものBLS(心肺蘇生法)やけが・病気の応急手当・こどもの事故予防の講習会を開催する市民団体です。ブログでは日々の活動や想いをつづっています。
心肺停止の原因は何であれ、ためらわず心肺蘇生法をする、AEDを装着することは変わりません。
安倍前総理の襲撃事件。
治安が良いと言われる日本で銃を使い元総理が襲撃されお亡くなりなる、ニュースでの第一報を見た時、誰もが嘘でしょ!?と思ったに違いありませんし、その現実に日本国民が大きな衝撃と悲しみに包まれています。
安倍前総理のご冥福をお祈り申し上げます。
現場で心肺蘇生、AEDの操作、人やシートで壁を作って対応した方、消防・救急、ドクターヘリ、輸血の血液確保、全力で治療にあたられた医療関係者の皆様に改めて敬意を表します。

現場で安倍前総理に心肺蘇生法とAEDが使われている映像が流れて一部報道では、AEDがショックしなかったから故障していた等、誤解を招くような内容も流れていますが、心肺蘇生法は、病気・事故に関係なく、傷病者の反応がなく、呼吸してるかどうか分からなければ、胸骨圧迫を開始します。

講習で時々、質問が出ますが、具体的な病名やけがの状態を挙げてこういう時も心肺蘇生するのですか?と聞かれます。
心肺蘇生法をする前にそうした先入観みたいなものが入るとためらいが生じますし、蘇生法の着手が遅れる原因となります。

シンプルに考えて倒れた原因が何でかは分からないが、声をかけたけど反応がない・呼吸もしてるかどうか分からない、胸を押します、それでも反応がないということは、心肺停止状態であること。
倒れた原因は、搬送された病院で検査や治療の過程で分かることですし、現場で原因が分かることはまずありません。
また、AEDからショック不要のメッセージが流れたら、故障してるんじゃないか?正しく判断してないんじゃないか?と不安にかられるかも知れませんが、AEDがショック必要ですとなった時は、心臓が異常な動きをしていてショックが必要な波形を検出している時です。
AEDを装着したら必ずショックが必要ですとなるわけではありません。ショック不要となったから故障しているのではないこと。電気ショックが必要な波形ではないということです。

心肺停止の原因は何であれ、ためらわず心肺蘇生法をする、AEDを装着することは変わりません。

ためらわずと言っても、現場の安全(自分の安全確保が最優先)確保をしっかりしたうえで行うことも忘れないでください。
スポンサーサイト



市民向けの応急手当普及啓発で大事なこと
市民向けの応急手当普及啓発。10年前と今では大きく変わったことも多いと感じます。

代表的なものが「心肺蘇生法で女性にAEDを使うとセクハラや痴漢になる恐れがあるから手を出さない方がいい」「女性のプライバシーが」等、一般市民が行なう応急手当のハードルを上げるようなネット情報が拡散しています。

AEDの使用が一般市民に解禁された頃は、女性にAEDを使うことについて話題にのぼったこともなかったと思います。
今は、女性への応急手当を躊躇させるような内容や医療者レベルの内容を求めるような内容もネットで拡散していたり、悪意はないにしても、一部の指導する側(伝える側)が誤った認識で情報発信するケースも見受けられるようになりました。

皆さんの目の前で家族や友人、職場の同僚、外出先で人が倒れているのを見た時、冷静に対応することはなかなか難しいです。
私たちも市民向けの応急手当は、必要な内容をいかに分かりやすくシンプルに伝えるかを活動を始めてから試行錯誤しながら進めてきました。

そこに言えることは、内容を複雑化させて応急手当のハードルを上げるのではなく、応急手当の着手率を上げることです。

着手率を上げること、助けを呼ぶ、119番通報する、AEDを取りに行く、できる人は心肺蘇生をすること、救急車を誘導する等、その場に居合わせた人ができることをする、それが救命の連鎖に繋がります。

また、医療系の大学や各学校に通う学生さんが学外で傷病者対応をした際、その対応を疑問視するネットへの投稿も見ましたが、
医療系の学生さんがフルサイズのBLSを授業で学んでいる、傷病者対応に長けている方ばかりではないこと。
市民向けの講習や運転免許を取得する際の応急救護講習で学んだ知識と手技で対応することに何ら問題はありませんし、それがきっかけでしっかりと学ぼう・学びませんか?となるようにすることが大切です。

医療者レベルの蘇生や処置の話しを市民向けにするのであれば、誤解を招かないような伝え方をすることは当たり前ですし、それが混乱を招くきっかけになるかもしれないことをよく考えたうえで話なさなければいけないと思います。
私たちの市民向け講習でも、医療者レベルの話しを織り交ぜる時がありますが、その話しや内容が必要かを判断しています。


お餅の危険性
2021年12月31日の記事転載になります。

独居高齢者に正月の餅を 日田の高校生が手作り配布
日田市内の高校生でつくる「日田地区青少年赤十字」のメンバー35人が、1人暮らしの高齢者たちに良いお正月を迎えてもらおうと手作りの餅を配る。
https://www.nishinippon.co.jp/item/n/847213/

年末年始、特に年始にお餅を喉に詰まらせての事故が増えます。
医師も食べさせてはダメ、危険!!とSNSを中心に注意喚起しています。


1人暮らしの高齢者の方へ良いお正月を迎えてもらおうという青少年赤十字の皆さんのお気持ちは分かりますが、お餅以外の方法はなかったのでしょうか?
高齢者施設でもお餅を出すことはないのに、1人暮らしの高齢者へお餅を配るのはリスクが高過ぎます。

お餅を食べた方みんなが詰まらせるということはないでしょうし、どんな食べ物でも年齢に関係なく詰まらせる可能性はあります。

特にお餅は、ご自分で購入したり、身内等が持ってきた物であれば、食べることを止めるのは難しいですが、配布先が1人暮らしの高齢者宅というのも、窒息した時のことを考えたら、配る先として検討すべきことではなかったのかと思います。

青少年赤十字の活動は、学校や園単位で活動内容に関して赤十字社が直接関与はしないとのこと。
企画した子どもたちの気持ちを大切にすることも大事ですが、よいと思ってしたことも事故等があれば、あの時に誰かが止めていればと悔やむことになりますし、これだけ危険だよと言われている物であれば、教師がお餅の危険性を伝えて、お餅以外の物で新年を迎えてもらえるようにといった助言(例えば玄関への飾り物やお餅以外の食べ物等)をして、子どもたちに理解してもらうことが必要だったのではと思います。

公衆電話からの緊急通報
久しぶりの更新です。

緊急事態宣言も解除されて、街中も人が少しづつ戻りつつありますが、引き続き感染対策を怠らないようにしましょう。

先日、NTTドコモで通信障害が発生し、普段当たり前のように使えていたスマホの機能や電話が使えなくなったことで、119番通報をはじめとした緊急通報もドコモの携帯やスマホから繋がりにくくなりました。
浜松市消防局からも防災ほっとメールを通じて、119番通報する際は、固定電話、最寄りの公衆電話、ドコモ以外のキャリア携帯からの通報をよびかけていました。

通信障害も災害の一つと言えますが、公衆電話も携帯電話の普及とともに数もめっきり減り、今は公衆電話がどこにあるか探すのも大変です。また、新幹線の公衆電話もなくなり、テレホンカードの自販機があったことを知らない方もいると思います。
緑色の公衆電話以外では、赤やピンク色の公衆電話もありましたが、ピンクの公衆電話は、緊急通報する際にお店の人に切り替えてもらわないとかけられませんでした。
街中にある公衆電話の使い方を聞かれて、しっかりと答えられる方はどの位いるでしょうか?

P1040618.jpg
携帯電話が普及する前は、公衆電話があちこちにありましたが、撤去された後の名残(こちらには4台ありました)

P1040611.jpg
浜松市内の公衆電話BOX。

街中で見る公衆電話は、緑色の2種類になります。

1.緊急通報ボタンがあるタイプ。
P1040612.jpg

P1040613.jpg

このタイプは、受話器をあげて電話機の下にある赤いボタンを押します。受話器からツーという発信音を確認してから、110番、119番、118番と通報する先の番号をプッシュしてください。

2.緊急通報ボタンがないタイプ。
P1040615.jpg

P1040616.jpg

このタイプは、受話器をあげるとツーという発信音がしますので、発信音を確認してから、110番、119番、118番と通報する先の番号をプッシュしてください。

通報する際、出先ですと自分がどこにいるか分からないという不安もありますが、公衆電話BOXには、地名等が貼ってあるので、それをそのまま伝えてください。

P1040617.jpg

公衆電話からの通報は、指令室でどこからかけているか発信地表示で分かるようになってますが、現場が公衆電話から離れていると、通報者が通報後にその場を離れてしまうケースもありますので、通報後のことも指令員に確認しておくといいでしょう。

公衆電話から通報には、テレホンカードも硬貨も必要ありません。

皆さんのご自宅や勤務先、学校周辺でどこに公衆電話があるか探してみて、ご家族や職場等で公衆電話の位置を把握しておくことも備えのひとつになると思います。












新しい仲間が加わりました。
久しぶりのブログ更新です。

先日、新しい仲間が加わりました。

P1040598.jpg

P1040600.jpg

レサシアンQCPR半身 充電式です。

P1040605.jpg

マネキンに接続するスキルガイドです。
QCPRアプりも使えますが、その時はスキルガイドは使用できません。
CPR開始からの時間計測。
胸骨圧迫は、圧迫の深さ、速さをインジケーターで表示されます。
人工呼吸は、換気量が適量の場合は「ピョッ」、過換気の場合は「ブブブ」という音がします。
CPR中の胸骨圧迫・人工呼吸の比率、胸骨圧迫の中断時間も比率で表示されます。

QCPRアプリも使えます。
P1040608.jpg

AHA公式コースだけでなく、市民向け講座でも使用していきます。

P1040610.jpg

※マネキンをバックに収納する際は、顔を横に向けます。