FC2ブログ
命のバトン浜松のブログ
静岡県浜松市内でこどものBLS(心肺蘇生法)やけが・病気の応急手当・こどもの事故予防の講習会を開催する市民団体です。ブログでは日々の活動や想いをつづっています。
指令員の口頭指導の大切さ。
 目の前で人が倒れた時、どうしたらいいか分からない、講習で教わったけど頭の中が真っ白になって何をしていいか分からない。そうなった時、まず119番通報します。その時、電話口に出てくれる指令員。通報を受け、通報者から現場の住所や目標物、現場や傷病者の状態を聞きだし、消防車や救急車に指令を出します。

 AHAガイドライン2015でも通報を受ける指令員の果たす役割について取り上げられています。
通報を受ける指令員から現場は見えません、通報者からの声だけです。その声を頼りに応急手当を口頭で指導することは、難しいことです。今回は、通報を受けた指令員が通報者の声から現場をイメージし、通報者へ的確にやるべきことを指示したことだけでなく、指令員から指示を受けた2人の女性の行動が救命に繋がりました。指令員、女性の「救いたい」という強い想いが命のバトンを繋いだと思います。
 これから、バイスタンダーだけでなく、指令員の果たす役割は、ますます高まると感じますし、応急手当を何も知らない人でも指令員の口頭指導で救える命~元気に社会復帰できるようになってほしいです。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171110-00000011-kyt-soci
スポンサーサイト
J1札幌FW.ジェイ選手
 ご存じの方もいらっしゃると思いますが、2011年8月、サッカーの松田直樹選手のことを思い出します。
 
 ジェイ選手が倒れた時、周りにいた選手やスタッフ、見学に来ていた救命士と看護師も胸骨圧迫等の応急手当に加わったそうです。救命の連鎖が鎖が一つ一つ繋がって助かった命。
 心肺蘇生法、AED?使うこともやることもないだろうし、自分にはできないし使えないよ・・・と思う方も多いと思います。でも、今回のように選手やスタッフはもちろん周りに知った人がいたからこそ、迅速な応急手当ができたのも事実です。

 誰もが当たり前のように心肺蘇生法とAEDを知っていて学んでいる。サッカー界でも松田直樹選手のような想いをさせたくないと心肺蘇生法とAEDの普及に取り組んでる方もいらっしゃいます。

 ジェイ選手の一日も早いご回復をお祈りいたします。

http://www.hochi.co.jp/soccer/national/20171104-OHT1T50096.html
心肺停止の生徒.救命(静岡県磐田市)
 8月29日付.静岡新聞朝刊からです。



 6月23日、静岡県立磐田北高校の教室内で友人と話しをしていた生徒が突然倒れ、居合わせた教諭や同級生が連携して119番通報.心肺蘇生法.AED操作を行ない、駆けつけた救急隊に引き継いだもの。生徒は、一命を取りとめ、現在は学校に復帰しているそうです。

 救命の連鎖は、一つ一つの鎖が繋がって一つの命が助けられるもので、鎖が一つでも欠けたら助かる命も助からないということ。教室に居合わせた教諭の的確な指示、友人の命を救うために行動した生徒。教諭だけでなく、生徒も心肺蘇生法の講習を学校で受けていたのでしょうか?そういったことも記事に載っているとよりいいと思いました。
 最近、学校で心肺蘇生法やAEDの使用で悲しい事例が大きく取り上げられていましたが、今回の救命事例は、救命講習を定期的に受ける大切さだけでなく、救いたいという想いが繋がったと思います。

 私たちの講習会でも救命の連鎖のお話しは、市民向け、職業人向けとお伝えする内容を変えてお伝えしてますが、これからもしっかり伝えていく必要性を改めて感じました。

 身内ネタですが、当会の代表は、静岡県立磐田北高校の卒業生で今回の記事を見てとても喜んでました。
バイスタンダーCPR
 9月17日付、中日新聞からの転載になります。 

 浜松市消防局がまとめた2013年の救急事案で、市民が救急患者に心肺蘇生を施した577件中、AEDを使った例が7件あり、うち4人は日常生活ができるまでに回復していたことが分かった。
 心肺蘇生による回復例は、全体で13件に上った。市消防局の担当者は、AEDが有効に使われた例として「良いタイミングで処置していた」と分析した。
 市消防局では、心肺蘇生が行われたケースは、個別に状況が異なることから前年との比較は、行っていない。
市ではAEDの使用法の勉強会を含む応急手当講習会を2013年に977回開き、約4万人が受講している。転載ここまで。

 バイスタンダー(市民救助者)の心肺蘇生とAEDの使用により救われた命があることを嬉しく思います。119番通報時、通信指令の口頭指導あり・なしで心肺蘇生が行われたかや、バイスタンダーがどの機関で誰から(消防なら応急手当指導員・普及員)心肺蘇生法とAEDの使用法を学んだかの情報もあれば、興味深いです。数からいえば圧倒的に消防の講習と思いますが、現状、心肺蘇生法を学ぶ場は、消防だけでなく日赤や民間団体といろいろあります。一番大きいのは、どこで学ぼうと講習を受けた方の意識と心肺蘇生法の手技を維持していくモチベーションの高さも関係してると思います。会社等の組織であれば個人の努力だけでなく組織の救命に対する意識の高さも関係してきます。

胸を押すか?押さないか?
 私たちの定期講習会を受講してくださった方から、心肺蘇生法で胸を押すことが大事ということはよく分かったけど、自分のお友達の子どもが倒れていて、胸を押しても助からなかったらどうしよう?周りから責められないか?という不安があります。こういった質問は、市民講習会ではよく出る質問です。医療従事者向けの講習会だったらこういう質問は、まず出ないでしょう。

 自分の身内ならまだしも、倒れているのが他人であれば、心肺蘇生法に着手するのを躊躇するのは無理もないことです。
 私たちは、こんな投げかけをします。胸を押さずに119番通報して救急車が到着するまで待つのか?わずかな可能性に望みをかけて胸を押すのか?助かる確率は、どちらが高いと思いますか?何もせずに後悔するか?やるだけのことはやったと思える行動をとりますか?
 見た時は、意識も呼吸もなくてためらわずに胸を押したら痛いと言われたら、痛みを与えたことでその人から訴えられるんじゃないか?そこで痛いと言われれば、その人は、とりあえず大丈夫ということ。

 こういった部分を講習で伝える・伝えないで心肺蘇生法への着手率は変わってくると思います。これは、市民も医療従事者にも共通して伝えなければいけない部分です。