命のバトン浜松のブログ
静岡県浜松市内でこどものBLS(心肺蘇生法)やけが・病気の応急手当・こどもの事故予防の講習会を開催する市民団体です。ブログでは日々の活動や想いをつづっています。
指令員の口頭指導の大切さ。
 目の前で人が倒れた時、どうしたらいいか分からない、講習で教わったけど頭の中が真っ白になって何をしていいか分からない。そうなった時、まず119番通報します。その時、電話口に出てくれる指令員。通報を受け、通報者から現場の住所や目標物、現場や傷病者の状態を聞きだし、消防車や救急車に指令を出します。

 AHAガイドライン2015でも通報を受ける指令員の果たす役割について取り上げられています。
通報を受ける指令員から現場は見えません、通報者からの声だけです。その声を頼りに応急手当を口頭で指導することは、難しいことです。今回は、通報を受けた指令員が通報者の声から現場をイメージし、通報者へ的確にやるべきことを指示したことだけでなく、指令員から指示を受けた2人の女性の行動が救命に繋がりました。指令員、女性の「救いたい」という強い想いが命のバトンを繋いだと思います。
 これから、バイスタンダーだけでなく、指令員の果たす役割は、ますます高まると感じますし、応急手当を何も知らない人でも指令員の口頭指導で救える命~元気に社会復帰できるようになってほしいです。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171110-00000011-kyt-soci
スポンサーサイト
J1札幌FW.ジェイ選手
 ご存じの方もいらっしゃると思いますが、2011年8月、サッカーの松田直樹選手のことを思い出します。
 
 ジェイ選手が倒れた時、周りにいた選手やスタッフ、見学に来ていた救命士と看護師も胸骨圧迫等の応急手当に加わったそうです。救命の連鎖が鎖が一つ一つ繋がって助かった命。
 心肺蘇生法、AED?使うこともやることもないだろうし、自分にはできないし使えないよ・・・と思う方も多いと思います。でも、今回のように選手やスタッフはもちろん周りに知った人がいたからこそ、迅速な応急手当ができたのも事実です。

 誰もが当たり前のように心肺蘇生法とAEDを知っていて学んでいる。サッカー界でも松田直樹選手のような想いをさせたくないと心肺蘇生法とAEDの普及に取り組んでる方もいらっしゃいます。

 ジェイ選手の一日も早いご回復をお祈りいたします。

http://www.hochi.co.jp/soccer/national/20171104-OHT1T50096.html
アイコス(電子たばこ)の吸い殻誤飲事故が増えています
 子どもがたばこを誤飲すると聞くと「灰皿の吸い殻を食べてしまう」「水をいれた灰皿の水を飲んでしまう」といったことを多く聞きます。
 
 最近、アイコス(電子たばこ)を使ってたばこを吸う方をよく見かけるようになりました。
従来のたばこは「火を使う・灰皿・吸い殻の処理」と子どもがいる家では、ライターやマッチを子どもが使って火災の危険、灰皿に入った吸い殻を食べてしまう危険性がありますので、家族がたばこを吸うご家庭では、それなりに火の取り扱いや吸い殻・灰皿の処理は、気をつけていると思います。
 アイコス(電子たばこ)は、火を使わないので火災の危険性は低くなりますが、火を使わずに吸えるため吸い殻を灰皿に入れずにテーブルや車の中等に無造作に置いてしまうことで子どもが誤飲や誤食する事故が増えています。

 火を使わないからといっても吸い殻の始末はしっかりしましょう。
救急車の適正利用
 先日、メンバーのご近所の方が腹痛(かなりの激痛だったようです)で救急車を呼ぶとご近所さんに知られるし、何事かと思われるからと自分で車を運転して近くの消防署まで行き、そこから救急車で病院へ搬送されたという話しを聞きました。

 「ご近所さんに知られたくない・救急車が来ると何事かと思われる」そういった気持ちも分かりますし、実際、サイレンを鳴らさずに来てほしいということもよくあると聞きます。
 今回の事例は、向かった近くの消防署に救急車が配置されていて救急車も出動していなかったので、すぐ搬送となりました。
 地域にもよりますが全ての消防署所に救急車が配置されているわけではありませんし、配置されていても出動中で不在ということも十分に考えられます。また、救急車が出動していた場合、駆け込んだ署所から別の救急車を要請するため、到着まで時間がかかりますが、自宅から119番通報していれば救急車到着までの時間だけでなく、病院までの搬送時間も短くなります。
 今は、署所の職員が出動等で不在の時に通信指令室に直接つながる電話や通報装置が署所の出入口や受付外に設置されているところも多くなりましたが、そういったものがあることを知らない方も多くいらっしゃいます。
 なにより、腹部の激痛がある中で自分で車を運転して消防署までいくことは危険であり、もし、車を運転して消防署に向かう途中に動けなくなったら、もっと大変なことになります。
 家族が病院に向かう途中に様子がおかしくなって近くの消防署に駆け込むという話しは、時々聞きますが、それは家族や付き添いの方がいるからできることです。

 救急車の適正利用というと、タクシー代わり、数日前から痛みがあって救急車を呼んだという事例が取り上げられますが、今回、取り上げさせていただいた事例は、命に関わる可能性があり、ご自分で近くの消防署へ行くのではなく、すぐその場で119番通報して救急車を呼んでほしいといったことをぜひ多くの方に知っていただけたらと思います。
9月10日.AHA.BLSプロバイダーコースPHP(病院外設定)を開催しました。
  9月10日(日)に浜松市内でAHA.BLSプロバイダーコースPHP(病院外設定)を開催しました。

 今回は、公募コースではなく、受講希望者さんのリクエストによる開催で、薬剤師と会社員の方が受講してくださいました。
薬剤師さんは、2年前に当会で開催したハートセイバーCPRAEDコースの受講者さん、会社員の方は、消防団員でもあり、お二人とも受講の動機、志がとても高く私たちも身が引き締まる想いでした。

 ポケットマスクやバックマスクと初めて見て触るものもあり、手技のコツやポイントを解説しながらコースを進めていきました。
受講者が多いコースですと、質問の時間が短くなったり、聞きづらいといった声も聞かれますが、私たちのコースは、少人数制なので受講者さんからの疑問は、次に引きづらないように心がけています。また、受講者さんの体験談や身近にあったこと等も聞いたり、インストラクターがしゃべりっぱなしにならないように心がけています。今回は、人工呼吸の話しで盛り上がりましたが(笑)

003_20170920200150dde.jpg

 お二人とも終始熱心に実技に取り組んでくれました。実技、筆記試験ともに合格です、おめでとうございます!!

005_2017092020015100e.jpg

008_20170920200153970.jpg

010_20170920200153d25.jpg

 次回のコースは、10月29日です。こちらは公募コースとなります、受講者募集中です。
お申し込み、お問い合わせは、下記のURLよりお気軽にどうぞ。
http://blshamamatsu.blog.fc2.com/blog-entry-57.html