FC2ブログ
命のバトン浜松のブログ
静岡県浜松市内でこどものBLS(心肺蘇生法)やけが・病気の応急手当・こどもの事故予防の講習会を開催する市民団体です。ブログでは日々の活動や想いをつづっています。
2020年4月26日(日)「小児の心肺蘇生法講習会」受講者募集中です。
2020年4月26日(日)に浜松市内で「小児の心肺蘇生法講習会」を開催します。 

子どもって、どんな時に胸骨圧迫や人工呼吸が必要になるの?

子どもの特性から知る「人工呼吸の重要性」「質の高い胸骨圧迫」について、分かりやすくご説明します。その後、一人一体の小児マネキン・ポケットマスクとフェイスシールドを使っての人工呼吸と胸骨圧迫を体験して頂きます。
現在、子どもに関わっている方、将来子どもに関わる職業を目指している方等々、私達と一緒に小児の心肺蘇生法を学びませんか。


日  時。
2020年4月26日(日曜日)13:00~15:00(12:45受付開始)

会 場。
浜松市浜北地域活動・研修センター.2階研修室。 
〒434-0015 浜松市浜北区於呂2829-1
遠州鉄道岩水寺駅下車、徒歩1分。無料駐車場あります。 

主  催。
命のバトン浜松
http://heartlife-hamamatsu.com/index.php

受講料。

1人.1500円
(会場費、資料、マネキン交換肺、消毒代含む)
当日、講習開始前に受付にてお支払下さい。
 


※キャンセルについて。
申し込みされた方の都合(急な予定変更や体調不良など)によるキャンセルの場合、講習会開催予定日の10日前からキャンセル料として参加費相当分のお支払いをお願いしていますが、連日報道されているコロナウィルス感染症の流行推移を含め、主催者側の判断、施設臨時休館による講習会中止の場合は、キャンセル料は発生いたしません。
キャンセル料の詳細については、受講のご案内で詳細をお伝えさせていただきます。

定  員。
4名(先着順)定員になり次第締め切ります。
(申し込み最少催行人数に達しない場合、講習会は開催しません)  

申し込み受付期間。
2月26日~4月15日。

お申し込み方法。
受講を希望される方は、下記のメールアドレスに氏名・年齢・メールアドレス・連絡先電話番号を入力し送信してください。
   heartlife_hamamatsu@yahoo.co.jp

受講に際して、制限はありません。中学生以上であれば、どなたでもご参加頂けます。(18歳未満の方は、保護者様からの申し込みをお願いします。)


・お子様を連れてのご参加はご遠慮ください。

・事前のお申し込みのない方は、当日、直接会場に来られても受講できません。

 受講のご案内(可否を含めて)をメールにてさせていただきます。受講可否のご連絡は、最少催行人数に達した時点となりますので、お申し込みされて日数が経ってからという場合もございますのでご理解いただきますようお願い致します。迷惑メールフォルダに振り分けられる可能性がありますので「@yahoo.co.jp」からのメールを受信できるように設定をお願い致します。
          
※講習会に際してご不明な点等、ございましたら、下記のメールアドレスからお気軽にお問い合わせください。
  heartlife_hamamatsu@yahoo.co.jp

スポンサーサイト



新型コロナウィルスについて
連日、ニュースで報道されている「新型コロナウィルス」についてです。

「過剰に心配せず正しく恐れる」


ニュースやSNS等で新型コロナウィルスに関する情報は多く流れていますが、厚生労働省・国立感染症研究所のホームページをご覧いただき最新の情報を確認してください。
各自治体でも個別に情報発信している場合もありますので、お住いの各自治体のホームページをご覧になるのもいいでしょう。

厚生労働省HP
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/dengue_fever_qa_00001.html

国立感染症研究所
https://www.niid.go.jp/niid/ja/diseases/ka/corona-virus/2019-ncov/9324-2019-ncov.html

新型コロナウィルスに関してSNSでは、正しい情報もあればデマやそれに近い間違った情報も多く流れていますので、その情報が信頼できる機関からの発信であるかも含めてご覧いただくことが大切ですし、シェアやリツィート数が多いからといって情報元がはっきりしない内容を安易に拡散しないことも大事です。

身近にできる予防策として有効とされているのが「手洗い・うがいの励行」です。手洗いはこまめに流水と石鹸で行いましょう。アルコールの消毒薬も有効です。


咳エチケットも大事です。咳がひどい・続いている時は、マスクをして周りの方への配慮も心掛けましょう。
マスクは、市販されている使い捨ての紙マスク(サージカルマスク)で十分ですが、口元は覆っていても鼻を出していたり、表と裏を逆に使っている方も多いので、正しいマスクの使い方を知っておきましょう。1日に数回、取り換えることが有効です。


テレビで治療にあたる医療者がN95マスクというものを装着していますが、あれは一般の方が日常で使用するものではありません。

他に体調が悪い時は無理をせず早めに寝る、体を休める、症状がきつければ早期受診を心掛けて仕事や学校を休むことも大事です。
必要がなければ人混みの中への外出を控えること。
これは現在、流行しているインフルエンザ対策と何ら変わることはありませんし、新型コロナウィルスに対する有効なワクチンや抗ウィルス薬、予防接種はありません。
また、特定の食べ物や民間療法、サプリメント、空間除菌等による予防の有効性は確認されていません。
2020年1月26日(日)に「家庭内における子どもの異物誤飲事故と予防、窒息時の対処法講座」受講者募集。
年が明けてからの講座になりますが、2020年1月26日(日)に「家庭内における子どもの異物誤飲事故と予防、窒息時の対処法講座」を浜松市内で開催します。 

 「子どもがおもちゃを口にいれてヒヤッとした」「テーブルの上にあった祖父母の薬を飲みそうになった」「捨てようと思って置いてあった乾電池の数が少なかった」これは一例ですが、小さなおもちゃやお薬等の誤飲事故も後を絶ちません。
 ヒヤッとしてすぐに吐き出させた、気付いたケースは、いいのですが、異物を詰まらせた時、119番通報してすぐ救急車が来るとは限りません。

 2月3日は、節分。ご家庭や地域、保育園や幼稚園等の行事でお豆やお菓子をいただくお子さんも多い中、お子さんが豆を誤嚥したり誤飲する事故や予防に関するニュースが報道されたり、毎年のように消費者庁から注意喚起がされています。

 8月に開催した講座では、豆やナッツ類の誤嚥の危険性や3才以下のお子さんになぜ食べさせてはいけないか等、誤嚥と誤飲の違い、家庭内で起こりやすい誤飲や誤嚥事故の特徴や受診の目安、異物を喉に詰まらせた時の窒息時の解除法をマネキンを使って体験していただきました。

日 時。
2020年1月26日(日曜日)13:00~15:00(12:30受付開始)

会 場。
浜松市高台協働センター講座室。
〒433-8125 浜松市中区和合町58-30

遠鉄バス「泉高丘線」「和合西山線」乗車、「浜松リハビリテーション病院」下車徒歩1分
無料駐車場ありますが台数に限りがあります。
 

講座内容。
家庭内における異物の誤飲事故予防(食べ物の誤嚥も含みます)、乳児と小児のマネキンを使った窒息時の対処法。
(心肺蘇生法の実技は含みません)


主  催。
命のバトン浜松
http://heartlife-hamamatsu.com/index.php

参加費。

1人.1000円 

定  員。
4名(先着順)定員になり次第締め切ります。
(申し込み最少催行人数に達しない場合、講座は開催しません)  
申し込み状況は、命のバトン浜松.twitter、Lienにて随時更新します。

申し込み受付期間。
2019年11月20日~2020年1月15日まで。
※受講申し込みを締め切りました。

お申し込み方法。
.受講を希望される方は、下記のメールアドレスに氏名・年齢・メールアドレス・連絡先電話番号を入力し送信してください。
   heartlife_hamamatsu@yahoo.co.jp

☆お子様を連れてのご参加はご遠慮ください。

※事前のお申し込みのない方は、当日、直接会場に来られても受講できません。


※講座開催会場へ講座についてのお問い合わせは、施設業務の妨げになりますので、おやめいただきますようお願い致します(本講座は高台協働センターの主催や共催講座ではありません)

 受講のご案内(可否を含めて)をメールにてさせていただきます。受講可否のご連絡は、最少催行人数に達した時点となりますので、お申し込みされて日数が経ってからや受付締め切り後の場合もございますのでご理解いただきますようお願い致します。迷惑メールフォルダに振り分けられる可能性がありますので「@yahoo.co.jp」からのメールを受信できるように設定をお願い致します。
          
 ※講習会に際してご不明な点等、ございましたら、下記のメールアドレスからお気軽にお問い合わせください。
   heartlife_hamamatsu@yahoo.co.jp

11月24日(日)小児の心肺蘇生法講習会.受講者募集のお知らせ 
11月24日(日)に浜松市内で「小児の心肺蘇生法講習会」を開催します。 

 子どもの特性から人工呼吸の重要性、質の高い胸骨圧迫について1人1体のマネキンを使った講習会です。受講に際して制限はありませんので、浜松市内だけでなく市外の方もご参加いただけます。お父さん・お母さんだけでなく、学校・幼稚園の先生・保育士さん、子どもに関わる方、小児の心肺蘇生法を一緒に学びませんか?
 講師は、聖隷浜松病院.救急科.伊藤医師です。

日  時。
令和元年11月24日(日曜日)13:00~15:00(12:45受付開始)

会 場。
浜松市東部協働センター.2階会議室。 
〒430-0805 浜松市中区相生町23-1 
浜松駅より高架沿いの道を、東に徒歩約15分(つきあたり右折)
浜松駅バスターミナル8番のりば(約8分)「東部協働センター前」下車。無料駐車場ありますが駐車台数に限りがあります。
 

主  催。
命のバトン浜松
http://heartlife-hamamatsu.com/index.php

受講料。

1人.1000円 。当日、受付にてお支払ください。 

定  員。
4名(先着順)定員になり次第締め切ります。
(申し込み最少催行人数に達しない場合、講習会は開催しません)  
申し込み状況は、命のバトン浜松Facebook、twitterにて随時更新します(フォローしていただけると嬉しいです)
ご家族でご参加の場合、マネキンはご家族で1体となります(受講料は参加人数分、必要となります)
お子様を連れてのご参加はご遠慮ください。 

申し込み受付期間。
令和元年10月13日~11月13日。
※受講申し込みを締め切りました。

お申し込み方法。
.受講を希望される方は、下記のメールアドレスに氏名・年齢・メールアドレス・連絡先電話番号を入力し送信してください。
   heartlife_hamamatsu@yahoo.co.jp

(ご家族で参加の場合、代表者以外の受講者全員の氏名・年齢は、自由記載欄に入力して下さい。メールアドレス・連絡先電話番号は代表者のみで結構です)

事前のお申し込みのない方は、当日、直接会場に来られても受講できません。

 受講のご案内(可否を含めて)をメールにてさせていただきます。受講可否のご連絡は、最少催行人数に達した時点となりますので、お申し込みされて日数が経ってからという場合もございますのでご理解いただきますようお願い致します。迷惑メールフォルダに振り分けられる可能性がありますので「@yahoo.co.jp」からのメールを受信できるように設定をお願い致します。
          
 ※講習会に際してご不明な点等、ございましたら、下記のメールアドレスからお気軽にお問い合わせください。
   heartlife_hamamatsu@yahoo.co.jp

9月22日(日)浜松市内で「こどものけが・出血・やけど・頭をぶつけた時の応急手当講座」を開催しました。
 今回、浜松市中区で初めて開催しました。
講師は、弊会のメンバーでもある「聖隷浜松病院.救急科.伊藤医師」


image1 (2)

 子どもの事故予防や応急手当のポイント、注意点を分かりやすく解説。受講者さんからの数々の質問にも丁寧に答えて大好評でした。
 今年度から、心肺蘇生法だけでなく、誤飲事故予防・窒息時の対処法・子どものファーストエイドと分野を分けて開催しています。
特に子どものファーストエイドは、病院受診判断の目安、手当の基本的な知識や手技で戸惑うことも多いです。手当の基本的な知識や手技は、子どもだけでなく大人にも共通する部分がありますので、正しく知っておくことが大切です。

 弊会の各種講座は、市民の皆さま向けだけでなく、保育士さんや幼稚園の先生等、職員向けの出張講座も含めて開催していますので、お気軽にご相談ください。

IMG_0319.jpg

講座当日、静岡新聞社さんの取材を受け、9月24日付、静岡新聞朝刊に講座の様子を掲載していただけました。